ラケーシュ・チョウラシア2019 来日公演DVDのインタビュー編2

  • 2020.08.28 Friday
  • 20:00

インタビューの中で、ラケーシュ氏自身の生い立ちも話してくれています。楽器との出会いやグル(先生)のこと、その中で個人的に1番興味を持ったのが、彼にとっての音楽もしくは楽器(フルート)との関係性です。彼にとっては音楽は仕事でもありますがそれだけではありません。

音楽は、お金や食べ物や衣服住のように無くても目に見えて困る物ではありません。音楽は時として贅沢なものとも言われます。しかし、心のゆとりは物質からよりも音楽からの方が沢山得られると思います。それを贅沢品で必要ないものとすれば、安らぎを削るのと同じで、張り詰め過ぎた生活となってしまい、自然の美しさや隣人への思いやりさえも気付かぬうちに失われるでしょう。

では、音楽や他の芸術と、具体的にどのように付き合えば良いのでしょうか?

世の中では音楽が趣味の方、仕事で音楽をしている方、聴くのが好きという方など、様々な方がいます。その答えはDVDをご覧下さい、と言いたいところですが(笑)、意外にもシンプルで、「生活の中に音楽を取り入れ続けること」です。それは、趣味や仕事で音楽活動をしている人は自分の音楽の時間を取ること、聴くことが好きな方は車での仕事の行き帰り、食事やお酒を飲んでいる時、眠る前のひと時などなど…、出来れば音楽を聞く時間を30分でも取れると良いと思います。

しかしこれだけは注意して頂きたいのですが、もし音楽の時間を取れなくてもその事にストレスを抱えないでください。少し辛抱が必要な状況の時もありますが、やがて解決します。あなたの人生はあなたが主役です。ストレスにその主役の座を乗っ取られる必要は全くありません!なので、そのことに決して不安にならないで下さいね。

言葉ではこんな味気ないものですが、インタビューを見て頂ければ強く皆様の中に届くことでしょう。

次回は、購入して頂いた方のFacebook投稿を紹介させていただきます!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

ウェブサイト

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM