ラケーシュ・チョウラシア2019 来日公演DVD感想4

  • 2020.10.05 Monday
  • 10:25

新潟で演奏の時にお世話になっているコンチェルトの 佐藤利幸さんがラケーシュ・チョウラシア2019来日公演DVDの感想を載せてくださいましたので、ここでも紹介させて頂きます!


以下、佐藤さんの記事の文章です。↓


『今、このDVDを見ています。というか聴いています。 蔵織にも何度も来て圧倒的な演奏をしてくれているサントゥール安藤さんとタブラ原口さんが超プッシュをされているDVDなんですね。 というかお二人のラビットレコードさんが 製作&販売しているものなのでプッシュも当然と言えばそうなのですが、 でもそんな忖度めいたこと抜きにしても、この演奏者のラケーシュ・チョウラシアさんというバンスリー奏者は現在のインド音楽における人間国宝のような方である、というのは聴いててわかります。 もう一つ言えば一緒に演奏されているタブラのバウミックさんという方もすごい方とお見受け。 バンスリーというとインド版フルートとなるのでしょうけど、音色や演奏している感じは日本の尺八を想起します。 たぶん生で聴いたらもっとすごいでしょうね。 この演奏は昨年に名古屋の本覚寺さんというとこでの公演が収録されています。

オープニングアクトは安藤さんと原口さんの演奏で、それも収録されています。 すごいド素人である私の個人的な感想としては、このDVDで聴く人間国宝様より、生で聴く安藤さんと原口さんのあのドライブのかかったすんごい演奏の方がズキュン!と来るわけですが それはDVDと生は別物ですから比較してはいけないわけですし。 ドライブがどうのこうのということでインド音楽を語るのはあまりにも浅いと思います。

ラーガというのがインド音楽の肝であることも、ご本人が最後の解説コーナーでお話して説明されています。 なのでインド音楽の入門としてもいいDVDだと思います。

世界にはいろいろな音楽がありますね。 全く知らなくても超一流の人の演奏には何かを感じます。 ラケーシュ・チョウラシアさんという人を教えていただいて、安藤さんと原口さんに感謝。 このDVDはラビットレコードさんにて販売しています。 もしほしいという方いらっしゃれば私から話を通しますので言ってください。いかがでしょうか。 しかし見ていると、生で聴きたくなりますね。 まぁ音楽はみんなそういうものですが。 早くそういう世の中が戻ってきますように。 安藤さんと原口さんも頑張ってください! 新潟の地から応援しています。』


佐藤さん、ありがとうございます!
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ウェブサイト

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM