ローリングストーン誌に掲載 Wind of Change feat.ラケーシュ・チョウラシア

  • 2020.10.08 Thursday
  • 16:00
10/3の東西ドイツ統一の日30周年に際して、在インド・ドイツ大使Walter J. Lindner 氏が、スコーピオンズの曲「Wind of Change」をインドのミュージシャン参加の編成で演奏し映像で配信、ローリングストーン誌の記事に掲載されています。

このWind of Changeという曲は、1990年にべルリンの壁が崩壊し東西ドイツ統一となった時に、スコーピオンズがリリースした、平和を歌うバラード曲。

この企画の許可の申し出をスコーピオンズにした時、スコーピオンズのヴォーカルで作詞作曲のクラウス・マイネが、即OKの返事をしてくれ、その時に、ラケーシュ・チョウラシアに演奏で参加してくれるよう指名オファーがあったそうです。


ローリングストーン誌の記事に掲載されています。
映像はこちらをクリックでご覧下さい↓

https://youtu.be/1b4kX9DoUKI
スコーピオンズのクラウス・マイネのインタビューも入っています。


ちなみに、このLindner氏は元ヒッピーのミューシジシャンで現在ドイツ大使になったという経歴の方です。

さて、そんな世界中で活躍めざましいラケーシュ・チョウラシアの来日公演を収めたDVDは、現在ラビットレコーズで通販で販売中です!
まだご覧になってない方はこちらのプロローグ見てみて下さい↓↓↓


改めて詳細↓
https://rakesh-japan.com/
ぜひ、極上のサウンドと映像をご自宅で楽しんでくださいね!購入ご希望の方はラビットレコーズまでご連絡下さい!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

ウェブサイト

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM